ウラサキミキオ

 

 その風景はとても魅力的で人を引き付ける力を持っているのだが、あるところから先へは決して人を寄せ付けない。逆に人を遠ざけているようですらある。それは、おなじひとつのものが人を引っぱりながら、同時に斥けているという不思議な光景である。

 

 ウラサキミキオは、そんな不思議で神秘的な風景に出会うことがある。「この不思議な体験を何とか捉えなおして自分のなかに取り込みたい・・・そして目に見える形にして、他の人にも味わって欲しい・・・」そのために彼は、自分の身体を通った感覚が世界をどう形作っているのか、とらえることにまず心を砕く。そしてその世界になんらかの方法で揺さぶりをかけていくのである。

 

 話は彼が学生だった1985年に遡る。油絵の勉強をしていた彼は、色面のかたちや大きさ、質感が画面にどう影響するのかを知りたくてコラージュを始め、その魅力に取り付かれた。異質なもの同士がぶつかり合い違和感が生じること、しかし、ある部分は溶け込み、つながりあい、新たなイメージが形成されていくこと、そうした効果にとても興味を覚えた。

 

 その頃、彼はいろいろな人の話を聞いたり、読んだりして、「自己」というものがじつは不確実で曖昧な概念であること、そして、そうした自己にとって、ものごとを捉え、外の世界へ表していくことは、およそ困難であることを知った。そんな彼にとって、「自己」と距離をおくという意味でもコラージュは有効な手段だった。

 

 はじめは雑誌の切り抜きを貼り合わせて人物像を描いていたのだが、もっと立体的なものが作りたくて流木や石膏を組み合わせた作品を作るようになった。だが、立体化することで思うような効果を得られなかったことや、学校を卒業して、新たな状況に直面し、混乱したことで、制作は5年間、中断することになった。

 

 混乱が収束し、落ち着きを取り戻した1994年、彼は9年前と同じように雑誌の切り抜きを貼りあわせることから再び制作を始めた。だが今回、彼はつとめて絵画をやっていこうと思い定めていた。「自己」と距離をおく方策として、彼はやがてデカルコマニーの技法を採用し、そうして作ったピースを貼りあわせて作品を作るようになった。

 

 1997年からは毎年、作品を発表し始める。このころはセザンヌやフェルメールなど、既成の芸術作品のイメージをもとにコラージュ作品を制作していた。貼るということに焦点を当てるという意味もあったが、それよりも彼は「自分が主題を定める」という行為を回避したかったのだ。

 

 ところが、1998年頃から画の主題として、彼の住む家の近所の風景が取り上げられるようになる。近所の林や桜の木、つつじややまももの植え込みが題材となった。落ち着いた生活が彼の目を周りの景色に向けさせたようだった。「自分」というものは依然としてあいまいなままだったが、そのあいまいな自分にすぐさま見切りをつけるのではなく、ある程度、その曖昧さに付き合っても良いのではないかと考えたのだ。

 

 2000年頃までに、彼はたくさんの魅力的な風景と出会って、ほぼ次のような考えに到る。曖昧な自己が感じ、捉えた認識は、決して実際のものに到達することはない。だが、「曖昧な自己が曖昧なまま、実際のものに近づこうとして、遠ざけられる」、その運動に向き合うことはできるのではないか。

 

 そうなると、曖昧な自己をもっと肯定しても良いのではないかと考えるようになり、主題だけでなく、技法面でもより「曖昧な自己」を取り入れることが多くなってくる。2008年頃から「貼る」だけでなく、「描く」部分を取り入れるようになったのは、その現れである。彼は確信犯的にイリュージョンを用いて、曖昧な自己が捉えるイメージを再現することをあえてしながら、一方でそれを相対化するという試みを行っているのである。

 

 とはいえ、2010年頃から彼の中には別の考えも棲みつくようになった。1990年頃から努めて様々な展示を見、図版を買いあさって古今東西の美術作品を見てきた結果であった。たしかに自己というものは曖昧で、それゆえにいつも対象を捉え損なっているのだが、だからといって真実の対象はないなどとは言えないのではないか・・・実際のものに到達した、神性を備えたとも言うべき作品に彼はまれに出会っているような気がするのである。

© 2018 by Mikio Uraasaki.   mikiourasaki@gmail.com

  • Twitter Metallic
  • s-facebook